先週も書きましたが(先週の記事⇒「見通しの立たない不安」)、なかなか痛みが取れないときの不安な気持ちは私もよく分かります。
痛みって、嫌ですよね。
でも痛みが無いと・・・熱いアイロンに手が触れてやけどをしても、香ばしい臭いがするまで、気付きません。じっくりこんがりよく焼けてしまいます。
痛みがあるから命の危険があることを避けるようにできています。
痛みは大けがや大病にならないようにあなたへの愛の込もった警告です。
痛みにフォーカスするのではなく、痛く無い動作を探してみたり少しでも良くなっている所を見付けたりしてみてください。
また痛みが出ている所は今まであなたを支えていた証拠です。
身体を洗う時、寝る前などにお疲れ様、ありがとうと労ってあげましょう。にこ
身体は治りたがっています。
痛みを出すことによって、あなたがこれ以上悪くならないように食事・呼吸・運動・心のストレスなど、一度立ち止まって自分と向き合うきっかけを作って
『これからの1年後2年後10年後もこの身体で本当に良かったと思える様になってほしい~っ!!』
と叫んでいるのかもしれません。
身体を車に例えるなら市販の車と違って乗り換えがききません。
あなたの身体はこの先もずっとこの一台だけです。
それでも乱暴に扱いますか?
丁寧に大切に扱いますよね♪
しかもこの一台はあなたの扱い方次第でどんどん性能が上がっていきます^^
そう思うとちょっと野菜を多めに取るのもいいでしょう。
運動するのもいいでしょう。
そしてなにより自分の身体を痛みがあることも許して、認めてほめてあげるのがいいでしょう。
どうか世界に一台だけの超プレミアムな貴重な車(身体)だという事を思い出して大切に扱ってください。
あなたの身体は素晴らしい♪
午後の講座でそんな話をしてこようと思っています。
上手く話せるかどうかより、うまく伝えられるかどうかが問題です。
では、行ってきまーす!


ダウン今日のお昼ご飯
_2014_03_o0400050612858329963
ドキドキで喉を通りません。(私だけ)

結婚式のスピーチ以来のドキドキですよ。