こはる庵の施術方針は「根本的改善を目指す」なんですが、もう一つ、ものすっごく大切なことがあります。
「あなたの身体はすばらしい」ということに気付いていただくこと。
施術中によく言われるのが
「あ、痛くなくなった~。すご~い!」
「ここまで動かせる。すご~い!」
なんですが、本当にすごいのはあなたの身体なんです。
お手伝いしてあげると、ちゃんと自分で治ってくれるんです。
そこで確認。
私「本当にすごいのは?」
患者様「・・・私の身体です」
私「そうそう~」
そこが分かっていただける方は回復力が断然違います。
身体だって自分を認めて褒めてくれる人のことをしっかり治そうって頑張ってくれるんですね。
長い間痛みが続いている方、あちこち通ってみた方ほど、
「治せるものなら治してみろ」
という態度になりがちです。
もう、不信感でいっぱい。
痛みが敵。
そうなってしまうとせっかくの身体の良くなろうとする変化にも気付けないんです。
つまり、どんな施術も届かない。
挙がらなかった肩が挙がるようになっても
「まだここまでしか挙がらない~」
「こっちが痛い」
「しびれが残ってる」
と、一生懸命「悪いとこ探し」始めちゃうと、もうその人は痛みよりも治療家に対する挑戦の方が気になっちゃってて、実際治りたいのか治りたくないのか・・・。
「自分の身体を治すのは自分自身」
こはる庵ではそのことを最初にしっかりとお話をさせていただきます。
人間づきあいも、他人の悪いところ探すより、いいところ探していった方が気持ちいいですよね。
身体も同じで、痛いところ、悪いところばかりでなく、いいところ、良くなったところを探していった方が良いんです。
死ぬまであなたと一緒の身体です。
ケンカするより仲良く付き合ってもらいたいんです。
「この身体でよかった」
「私の身体、すごいね」
こはる庵でそのきっかけをつかんでいただければ幸いです。
_2014_01_o0250037512816444967