何度か施術をして身体が楽になった方にお願いしていることがあります。
「痛いところを探さない」
腰が治ったら膝が痛くなった、というのは今まで腰の痛みに隠れていた膝の痛みが分かるようになってきたということで、全体が治ってきた証拠でもあり、いい傾向です。上げ上げ
「ここは治ったけど今はここが痛い」はどんどん言ってもらって結構です。かお
ただ、いつまでも「まだここが・・・うう」「次はここがちょっと・・・ぼー」と一生懸命探す必要はありません。
「まだ痛い」
「身体が言うこと聞かない」
「ぼろい身体だ」
「年だから無理」
そういう言葉を言ってると素直な体がちゃんと聞いてて
「そっか痛いのか」
「ぼろいのか」
「無理なのか」
「じゃー仕方ないな!」
なんて、言葉通りになってしまいます。
「痛いところが痛くなくなった」ことに感謝してください。
感謝というのは私に対してではありません。
頑張っているキラキラ身体キラキラに対してです!
痛くても自分を支えている身体。
なによりもまずその身体をしっかりと褒めてあげてください。
「もっと頑張れ」ではなく
「よく頑張ってるね。ありがとう」という感謝の言葉。
声に出して伝えてあげてくださいね。
恥ずかしい方はお風呂でそっとでも結構です。ニコ
素直な身体ですのできっとよく聞いて治ろうとしてくれますよ。