月曜の朝、メンテナンスで通院されているYさんから
「できるだけ早く診てもらいたい」
とお電話をいただきました。
次回予約は週末の土曜日でしたが
「頭痛が酷くて週末まで待てない」
とのこと。
「本当は先週末(春分の日)から来たかったのですが、ここがお休みだったので!」
あれっ?と、ちょっと違和感・・・。
若干ですが攻撃的な感じ。
普段はとっても紳士的でこんな話し方される方ではないのに?

ちょうど当日の夜が空いていたのでご来院いただきました。
「何か変わったことされましたか?」
「お仕事がハードだったとか?」
「緊張することがあったとか?」
と訊いても
「わかりません」
「いつもと一緒でした」
考える余裕がなさそうです。
話し方もこころなしかぶっきらぼうな感じです。
いつもはふんわりと物腰が柔らかくて丁寧な方なのに。

頭痛の原因は様々です。
過度の緊張状態が続いたり、風邪の症状でも頭痛がでます。
内臓の痛みを知らせるために出ることもあるし、寝不足や肩、首、背中のコリから出ることもあります。

検査をすると、可動制限やツッパリが右半身に顕著にあり、おなかもえらく固くなっていました。
足元からのアプローチの施術をしていく中で呼吸が深くゆっくりとなりました。
身体の緊張がほぐれて来たようです。
そうしているうちにYさんが
「子供と一緒に寝てるんですが、最近寝返りが激しくて、あまり熟睡できていないんです。」
と、ぽつりぽつりと話してくれました。
原因を考える余裕が出てきたようです。
そうなると身体はかなり緩んできます。
頭からのアプローチをする頃には
「これなら今日はぐっすり眠れます」
と、いつものやわらかいYさんに戻っていました。

悪くなるにはやっぱり原因があります。
いったん立ち止まって自分の生活を見つめなおそうというサインだと思ってもらえるとうれしいです。
自分では無意識やあたりまえとなっていて気付きにくいこともあるかもしれません。
その時は一緒に見直していきましょう♪

 

↓今日の寝返り

IMG_0770

コウなって

IMG_0771

 

コウなった。

うちの娘の寝返りはアグレッシブです・・・。