先日公開した気まぐれ動画の「木村君の冒険」が予想外に好評です。
「整骨院として・・・そんな記事ばっかってどうなの?」と心配したりされたり。ガクリ
「楽しんだもん勝ちかお」と思ってるので、楽しいことはどんどん取り入れていきますよっ。
で、早速ネタバレしちゃうんですが、木村君の冒険vol.4で木村君がうっとりしていた「いいにおいの正体」です。
「小豆タオル」
小豆には水分が多く含まれているので、電子レンジで加熱することによりその水分が天然の蒸気となってほどよい温湿布となってくれるのです。
電子レンジのない時代には小豆を炒って布にくるんで使っていたそうですから、昔から利用されていたものです。
作り方はとても簡単。タオルを半分の半分に折って(B5くらいの大きさになるように)ぐるりと袋に縫い、中に小豆を400グラム程度入れます。
これを電子レンジで温めると・・・まぁ、いいにおい。・・・ではなく、カイロのようにじわ~っとあったかくなります。
ダウン詳しくはこちらに書いてありますので興味のある方はぜひご一読ください。
「あたため整体学」 著者:宮川眞人さん
_2012_12_o0500050012326859607
あたためることの利点や自分でできる整体体操などが載っています。
整体体操はやや難しめです。
昨日のブログで焦がしてたアレも、この小豆タオルです。
家のミシンは厚物縫いが苦手なのにがんばってくれました。
が。初日で焦がしてしまいました。
500Wで2分半。
600Wで2分。
700Wで1分半。
以上を目安に、温め足りなければ10秒づつ追加していくのがいいと思います。
焦がさなければ繰り返し使えますが、連続使用は避けて4時間くらい間隔をあけた方が小豆が長持ちします。
中の小豆がかびてしまうので洗濯はできません。
自分で縫うのは苦手・・という方には商品化されたものが発売されています。
「あずきのチカラ 首肩用」
「あずきのチカラ 目もと用」
さすがカイロの桐灰化学さん。

ダウン今日のイテテ
_2012_12_o0400053312326885600

なぜ止まっているミシンの針で指を刺すのか。

ある意味大変器用かと。