昨夜、仕事をしていると、アレもやっとこうかな・・ついでにコレも・・とノッてきて、ふと時計を見ると午前1時半。
ああ、帰んなきゃ・・・
ちょっと座ろうかな・・・
なんかうるさいなと思って目を開けると、朝でした。
もう、ビックリ。
いつのまにか寝てたみたい。
うるさかったのは家内からの電話の音でした。

「はい、はい、おはよう~」
「オハヨウ」
あれっ・・なんか怒ってる?
「えーと、シェーバーとドライヤー持ってきてください♪」
「了解~」
あ、ちょっと普通になった。

今日は8時から予約が入ってたので、娘を学校に送り出した後、すっ飛んできてくれた家内のおかげで間に合いました。
で、一言。
「遅くなったり泊まる時にはメールくれんかね?」
あー、うん、そうですね。
1時過ぎるときにはメールするように言われてましたよね。
いつの間にか寝落ちしてたんで、手元に携帯なくってね~。
「ふと目が覚めて帰ってなかったらやっぱ心配するんよね~」
はい、ごもっとも。
それでちょっと不機嫌だったんですね。
ここで間違っても、
「いやいや、あなた10時には寝てますやん」
なんて反論してはいけません。(笑)

怒りは2次感情と言われます。
怒りの素となる1次感情は「心配」「不安」「悲しみ」などです。
「多分寝てるんだろうけど、何事かあったのかもしれない」という不安が家内の中で怒りに変わってるんですね。
家内は朝4時半と5時半にメールをくれてたみたいですが、私、常にマナーモードにしてるので気付かずに寝てたみたいです。
返信がないのでますます不安⇒怒りMAX。
でも多分寝てるんだろうから起こすのも悪いかなと気を遣って、6時になるのを待ってお店に電話をしてくれたんです。
で、私のちょっぴり寝ぼけた声を聞いて安心⇒怒り解除だそうで。
はやっ!
怒り溶けるの、はやっ!!

あたしンち」っていうアニメの中で、高校生の女の子、みかんが友達とカラオケに行って帰りが遅くなっちゃう話があります。
お友達と盛り上がって、延長しちゃったところで家に電話を入れると、お母さん、電話口で激怒。
「いいからとにかく帰ってきなさーい!!」
どうせ怒られるなら・・と、思い切り遅く帰って来るみかん。
イライラしながら待ってる母。
ほうきやはたきなどで素振りして、叱る気満々。(笑)
暗い家にそ~っと入ったみかんに、母が振り下ろしたのはなんと針金ハンガー!
ふんっ!と一息ついてそのまま寝室に入っていくお母さん。
みかんの頭の上には?がいっぱい。
「なぜハンガー・・???」
・・みたいなお話だったと思いますが、家内がそれ見て大爆笑。
「分かる、分かるわ~~~」
分かっちゃうんだ・・。

怒りをテンションそのまま相手にぶつけるのではなく、ちょっと冷静になるって大切ですよね。
できれば、
「私、今、怒ってるのよ!」
って伝えるよりも
「あなたのこと、心配してたのよ」
ってその怒りの原因を伝えられると、もっといいですね。

ま、心配かける前に一言メールするってのが一番いいんですけどね。

とりあえず、
「心配してくれて、ありがとう♪」
ですよ。
その想いを伝える事から始めようと思います。

↓今日の怒り

IMG_2638
昨日はお友達とやわらかいボールで野球をして遊んだ娘。
お友達の投げたボールが3回も頭に当たったようで、日記に書いてました。
「わざとじゃないんだけど、いたかったです」
分かる、分かるわ~。(笑)