月曜日から予約やお問合せの電話がかなり多いんですが、その内容が皆さん揃いも揃って「ぎっくり腰」。
何これ。
今、ぎっくり腰流行中なの!?
予約がいっぱいだったので申し訳ないけれどお断りさせていただく方もいらしたのですが、少しでも参考になればとの想いでアドバイスだけさせていただきました。

・ぎっくり腰などの急性の痛みの場合、72時間は冷やすこと
・痛い動作はしない
・痛みのある部分を押したり揉んだりしない
・2週間は安静にする

通常のぎっくり腰であれば痛みのピークは2~3日です。
ちょうど72時間ですね。
この間は冷やしてください。
冷やすといっても、凍傷になるほどアイシングする必要はありませんよ~。
湿布も必ずしも貼らなくてはいけないものでもありませんが、貼った方が気持ちいいなら湿布かぶれに気をつけて貼るといいですね。
お風呂はシャワーで済ませるなど、あまり温めないように気を付けてくださいね。

痛みのある部分に炎症が起きている状態ですから、無理に動かしたり押したりすると悪化します。
怪我した時、傷口を広げてぐいぐい押す人、いないでしょう?!
口内炎ができたとき、炎症部分をほじくったりする人、いないでしょう?!
施術でも痛みのある部分は触りません。
もうね、痛いところはほじくらない。
これ、鉄則です。

あと、くしゃみや咳に気を付けるのも大事です。
一瞬だけど、結構力が入りますからね。
ものっすごく細かいことですが、歯磨きをするとき、うがいをしてペッってする時など、前かがみになる時はちょっと洗面台に手を添えてください。
この手を添えるのと添えないのではかなり腰にかかる負担が違います。

安静にしてても激しい痛みが続く場合や下半身全体が痛い、しびれる場合、打撲がある場合などはぎっくり腰以外が原因かもしれませんので、病院での受診をおすすめします。

って、書いてるんですが、今朝出勤してきた家内が青い顔して呟きました。
「腰が・・・痛い」
家内よ、お前もか。
ぎっくり腰、こんなところまで侵略中。

↓今日の丑三つ時

IMG_2629
実は夜中の2時に痛くなって眠れなかった家内。
「よほど助けを呼ぼうかと思った・・」
あぶなっ。
あやうく私、夜中に叩き起こされるところでした。
「で、なんで起こさなかったの?」
「なんかうなされてたから、起こすのかわいそうでさ~」
いや、うなされてたんなら起こそうよ。
覚えてないけど悪い夢見てたんだよ。きっと。