平和マラソンの二日後の11月5日、下関でフルマラソンしてきました。
第10回記念大会下関海響マラソン
フルマラソンだけでも参加者10,000名。
内1,000名は抽選で、残り9,000名は先着順のWEBエントリーです。
開始後わずか46分で定員となる人気ぶり。
私も苦手なパソコンと格闘しました。

下関海響マラソンのいいところはたくさんあるんですが、まず受付が不要ってところがすっごく便利です。
ほとんどのマラソン大会はスタートの2時間くらい前から受付開始してゼッケンや計測チップ、参加賞などを受け取るんですが、このマラソンは事前にそれらを郵送してくれるんです。
これ、ありがたい♪
近隣の観光スポットや駐車場なんかの情報、割引券なども入ってるので応援部隊の家内の目が輝いちゃってるし。
またしても遊ぶ気満々か。

今年も河童で走ります。


2日前まで和装で走る気満々だったんですけどね。
地下足袋のおかげで、走る前から筋肉痛。
主に今まで、こんなところ筋肉痛になったことないよね?!ってところが。
慣れない履物がいかに足に負担をかけるかを実感します。

時間までに各自でスタート地点に並ぶんですが、申し込みの時にうっかりガチの記録を書いてしまったので、かなり早目のBブロックでした。
しまった。のんびり走るつもりだったのに。

スタート直後、なんか大きな音が聞こえるなぁと思ったら、上空を戦闘機が2機、並んで通り過ぎました。
何事!?
って、思ったけど、どうやら大会のイベントの一環の、F-2(ジェット機)の展示飛行だったようです。

↑予想外すぎて写真が撮れなかったので大会HPより勝手に借りてます。
ただ上空を通り過ぎて帰って来るだけなんですが、このシーンを思い出してちょっと感動しました。


宇宙兄弟第5巻より
弟・日々人の操縦するT-38の編隊飛行が兄・六太のモヤモヤを吹き飛ばす名シーンです。


美しい関門橋を眺めながら走ると言えば聞こえはいいですが、走っても走ってもたどり着かねぇ~。
目標となる対象物が大きすぎると、思ったよりも遠くて心が折れそうになります。


海は広いな~大きいな~♪
お天気が良くて気持ちの良い景色です。


エイドでは塩飴やはちみつレモン飴、チョコレート、バナナなど定番に加えて特産品のそうめんやみかんなどもあります。
素敵な笑顔のスタッフの皆様に比べ、ちょっとずつ元気のなくなっていく私。
筋肉痛が!!
筋肉痛が地味~に体力削って来るのよ!
そして初めて腕が重ーく感じました。
もしかして・・毎日懸垂してるから筋肉ついて重くなっちゃった!?


結果。
5時間09分38秒。

今回はいつもより真面目に走って5時間切るつもりだったけれど、予想以上の筋肉痛に悩まされました。
あと、ワセリン。
足にワセリン塗るの忘れて、指がえらいことになってます。
地下足袋止めるという選択をした私、偉い!!(笑)
何事も楽しめる程度に頑張るって大事ですね。
我慢に我慢を重ねる挑戦は、もはや「修行」ですから。


スタート前、アンパンマンとゆかいな仲間たち、勇者と一緒に記念撮影♪
足元はランニングシューズ。
なるほど、正しい選択ですね。
案外、違和感もないし。

そういえば、あの方はどんな靴履いてたんだろう?
ドラえもんの着ぐるみの方・・・。

あれっ!?写ってなーい!!!w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

景色も雰囲気も素晴らしい下関海響マラソンでした。
スタッフの皆様、応援してくださった地域の皆様、本当にお世話になりました。おかげさまで楽しく、怪我なく走ることができました。
大変ありがとうございました。

↓今日の〇〇の女

エイドに「長州の女(ひと)」新登場だそうです。
なにその演歌みたいなネーミング。(笑)
さらっと調べてみたら有名な「博多の女」とか「盛岡の女」なんてのもあるみたいです。
過去には「長崎の女」「薩摩の女」「東京の女」「札幌の女」なども。
会社もお菓子も全く別物ですけどね。
共通点は「おんな」ではなく「ひと」と読むところですかね。
・・・って、こんなことになると夢中になって調べちゃう家内。ヒマか。ヒマなのか。