我が家で一番広い部屋は寝室。
ダブルベッド1つとダブルサイズのマットレス1つでいっぱいいっぱいですが、家族3人で寝るには充分です。
で、内訳は
ダブルベッド=家内と娘
マットレス=私
つまり、アレですよ。
天上天使と下界小悪魔
子供がベビーベッドの頃、夜泣きの度にダブルベッドに入れてやってたのが癖になり、ついに私が追い出された、と。ガクリ
何度か3人でダブルベッドも試したんですが、夜中に私がベッドから落ちて家内が大爆笑したのでもうやらない。ぷんすか
下界でもいいんですよ。
広いしね。
おかげで手足を伸ばしてぐっすり寝れるんだし。
布団の中で電気スタンドつけて本読んでても怒られないし。
ゲームしててもばれないし。
たまには広々寝たいという家内と入れ替わって
ダブルベッド=私と娘
マットレス=家内
を試したんですが、夜中に娘が家内を探してごそごそと寝返りを続け、ベッドから落ちたのでそれも却下。
そこ、似なくてもいいのに。
寝返りというのは非常に大切な動作です。
寝ている間に、昼間の活動中にできてしまった体のねじれが勝手に解けていくのです。
大人になるとねじれがきつくなりすぎてうまく寝返りがうてなくなってしまいます。
睡眠中に高いところから落ちる夢を見てびくっとなるアレ(ジャーキングといいます)もその一種ではないかと言われています。
それにしても我が家は全員、寝相悪すぎ。むき
ダウン今日の起きんかい、コラ。メラメラ
_2012_12_o0400050612339334506

夜中に鼻血を出した娘の隣(下界)で爆睡。
この後目が覚めてギリギリセーフ。ほっ
危うく私が血祭りにあげられるところでした。