こはる放送部と記事の更新が入り乱れちゃってますが、「タイへ行ってきました その1」の続きです。

タイでの二日目は観光と一番の目的であるタイ式マッサージ。
研修旅行ですからね。
ちゃんと勉強もするわけですよ。

まずは、観光♪観光♪
タイは国民の9割が仏教徒らしく、あちこちに寺院があります。
ワット・ポーやワット・アルンなどのワットは寺院っていう意味なんですね。
ってことは
ポー寺院。
アルン寺院。
・・・なんか、ヤダ。(笑)
調べたら、
ワット・ポーは涅槃寺
ワット・アルンは暁の寺
って、ちゃんと日本語訳ありました。
すごい。
ちゃんと訳せる人がいるんですね。

地下鉄に乗って行くわけですが、車内放送はタイ語と英語。
タイ語があまりにも分からな過ぎて、英語がチラッと聞き取れる自分すげえ!!って思っちゃいます。
で、聞くとはなしに聞いてると
「Next station is 〇〇(タイの駅名なのでよく分かんない)」
ってアナウンスが、ある駅の時だけやたらテンション低いんです。
「Next station is ナ~(タイの駅名なのでよく分かんない)」
みたいに、語尾がぐぐっと下がって元気がない。
なので、つい
「この駅の時だけアナウンスが気怠げだよね」
って言ったら、しもちゃんの目がキランと光って
「Next station is の~
何故私の名前入れたし。
さらに
「Next station is し~も~!!いえ~い!!」
そこは上がるんかい!!
しかもわりとテンションマックスめかい!!
もうね、タイ関係なく楽しんでます。

まずはワット・パクナム。
2012年に完成したかなり新しいお寺です。

そびえたつ白い仏塔。


まだ知名度が低いのか、新しすぎて人気がないのか、ガラガラに空いてました。


靴を脱いで上がると、中は博物館になってます。


なんか違和感あると思ったら、「お賽銭」が日本語!!
そして金庫!!
こういうさりげないところの異文化感が半端ないです。

ココの一番の見どころは最上階のエメラルドグリーンの仏塔。
そして天井画。

これは、ぜひ実物を見てほしい感動の美しさです。


絵になる?

次に訪れたのがワット・ポー。


涅槃寺と言うだけあって、それはそれは大きな涅槃像が!!


でかすぎて、どうやっても写真に納まらない。ってか、なんか怖い怖い。(笑)

全体を撮ろうとしたらこうなります。それでも入りきらない。

像全体の大きさもすごいんですが、何と言っても足の裏!!


指、長ぇ~。
じゃなくて。


めっちゃ大きい足の裏に、螺鈿細工で絵が描かれています。
お釈迦様の足の裏ってこうなってるのね。

日本のお寺とは雰囲気も色もデザインも何もかもが違って、いろいろおもしろかったです。

寺院を堪能した後はコチラ。


マンゴーの美味しさに取りつかれてMangoTangoに日参する人たち。(笑)
だってね、暑いから冷たいものがとっても美味しいのよ。


前日とは違うメニューと、外せない生マンゴー。
う~ん、美味♪

その後、タイ式マッサージ体験。


見たり聞いたりが忙しくて、写真がコレ一枚。
足裏をやってもらいましたが、歩き回って疲れた足に程よく気持ちいい。
言葉は通じないけれど、とても丁寧にマッサージしていただいてるのが、触れ方や態度で伝わりました。
お店によっては痛いマッサージをするところもあるようですが、ここは優しくてほっとできました。
個人的には、前回の台湾の痛いマッサージよりもこっちの方が好きかな。

夜はタイスキ。

タイ風スキヤキらしいですが、どちらかというとしゃぶしゃぶとか寄せ鍋に近かったです。
重ねてある赤いお皿にはいろんな具が入ってて、楽しい~♪
タイスキ、サイコー!!
って言ってたら、写真を見た家内が
「MKレストランに行ったの?」
おお、確かそんな名前!!
何で知ってるの!?
「近所にある」
ええ~!?
MKレストラン、日本の企業と提携して、国内にチェーン展開してました。
しかも自宅の近所にある・・・。
いいの。
本場のMKレストランだから、味が違うかもしれないじゃん。
きっと、こっちの方が美味しいんだよ!!
と、いうことにしておいてください。

そんな様子で二日目が終わりました。

次回は最終日。
いよいよ、象に乗ります!!

↓今日の絵になる男


どこの景色にもさらっと溶け込む伊比さん。
あれっ・・私よりかっこよく写ってる?!
本当に絵になる男です。


博物館で世紀の大泥棒のようなポーズで写真を撮る伊比さん。


激似!!(笑)


さらにその絵になる男を激写するしもちゃん。
この男、本気と書いて、マジです。