雨が続いて蒸し蒸し、ジメジメ、朝晩はちょっと肌寒いと感じるほど涼しいのに、昼間はじわぁ~っと汗ばむほど暑かったりして、体調を崩しやすい時期です。
疲れを感じたら早めに寝るなど、身体の声を大事に聴いてくださいね。

さて、夏の風物詩「冷やし小豆」を始めました。
食べる方じゃないですよ~。
「冷やし小豆タオル」です。
冷凍庫でキンキンに冷やした小豆タオルを、頭の下にあてると、ほどよいひんやり感で包んでくれます。
保冷材のように冷たすぎず、固くないのもいいんですよ。
小豆タオルをお持ちの方、ぜひご自宅でも試してみてください。
冷凍庫に入れるときにはジップロックを二重にすると、臭い移りが防げます。
こはる庵の何も入ってない冷凍庫でもなんとなく臭いがありますから、これ、結構重要です。

もちろん、こはる庵では、施術中にお腹を温めるホットな小豆タオルは夏場も大活躍です。
冷たいものを飲んだり、冷房が効いていたりするので、意外にお腹冷えてることもありますからね。
お腹を温めて、腸腰筋を緩めると、身体の緊張が取れるなど、いいこといっぱい♪(⇒参照記事「新豆入荷しました♪」)
なによりも、ほっとしますもんね。

温めても冷たくしてもお役立ちの小豆タオルなのでした♪

↓今日の冷たくても温かくても
「冬はホットで!ウマー!」
「夏は冷やして!ウマー!」
どちらでも美味しくいただけちゃう家内と娘。


ま、持ってるものは日本酒とカルピスなんですけどね。