先日、家内のお気に入りのアイフォンケースが壊れました。


ここ何年か手帳型のケースを愛用していたけれど、何かするたびに両手を使わなければいけないのが不便!と、年末に買い替えたばかりだったのに。

「まだ使えなくもないだろうけど、せっかくなので良いの買ったら?」
とアドバイスしたら、amazonや楽天でめっちゃ検索し始めてました。
こういう時の家内の行動力、ハンパないんですよね。
が、どんなケースが欲しいのか、明確なビジョンがなくてかなり迷走中。


「これがいいけどあなたのとかぶるし~」
あ、うん、真っ赤なのは私が間違えそうなのでできれば止めてください。
↓私のアイフォン。

「これもかわいいけど同じようなの、以前使ってたし~」

あ~、あれは長いこと使ってたね~。よほど気に入ってたんだね~。じゃあ、それでいいじゃん。
「使い始めてすぐラインストーンがどっか行ったけ、同じのはいや」
あ、そう。その割に2年ぐらい使ってたけどね。


「こういうの、好きなんだけど、意外と高いし~」
いや、こういう、毎日持ち歩くもの、頻繁に目にするものは、値段で決めちゃダメなんですよ。
安いからコレにしとこって妥協しちゃうと、使うたびに妥協した自分にぶつかっちゃいますからね。

ってか、あなたの好きなトワイライトエクスプレスで検索すればええやん。
「ええ~、あるかねぇ?iphoneSE、ケース、トワイライトエクスプレスっと」

結果:ありました。(笑)
トワイライトエクスプレスだけじゃなく、他にもいろんな電車がありました。
好きな人は好きなのね・・・。
それから1時間くらい、真剣に買うかどうか悩んでた家内ですが、しばらくして
「これで3888円って高くね?」
いや、だから値段で決めちゃダメなんだってば。
ときめくかどうかで決めないと。
「約4000円と思うとときめかない~(><)」
おお、製造してる方たちにかなり失礼だね。
「それに手帳型なんだよね~」
それ、値段関係なく、あなたの中に答えがありますよね。これじゃないっていう明確な答えが。


「コレもかわいいんだけど、デザイン的にちょっと物足りないんだよねぇ」
あ~、それなら手帳型の方がよくできてるねぇ。どっちでもいいけど。
「私なら、デザインにエンブレム入れるなぁ・・・はっ!?」
何やら気づいた家内、それまで携帯で検索してたのにパソコンに切り替えてなにやらいそいそとはじめました。

で。
出来たのがコレ。


まさかの自作。しかも紙。(笑)
「ないのなら作ってしまえホトトギス」
信長気取りなのか。
写真用紙に印刷して切り抜き、クリアなケースに挟めば出来上がりだそうです。
製作費、クリアケース代680円+用紙、インク代。
安っ!!
「いいの。値段じゃなくて、使っててときめくかどうかなんだから」
あ、そっち?!

その後、着せ替え用をいくつか作ってました。
ここまで好きなことに集中できるって、羨ましいですわ。

完成写真がないのは、まだクリアケースが届いてないからです。
ちゃんとできるのか、ドキドキです。(By家内)

↓今日の着せ替え
私の分も作ってくれました。

ジョジョ風。
はい、出た。「~風」つければ何でも許されると思ってる。
キャラやロゴが入ってるとオタク度があがっちゃうので、あえて入れずに実用性を目指したとかなんとか、熱く語ってますが、スミマセン、私は今の赤いのが気に入ってるので結構です。
ってか、サイズ合わないし。(私はiphone8、家内はiphoneSE)
家内「次は何作ろっかなぁ~♪あ~、ワクワクが止まらない♪」
・・・楽しそうですな。