昨日、イオンモール広島祇園にて開催中の「えんとつ町のプペル光る絵本展」に行ってきました。

キングコングの西野亮廣さんによる絵本「えんとつ町のプペル」の絵画展です。
絵本としては異例の発行部数が30万部を突破したそうですが、ネット上で全ページ無料公開とか、常識では考えられないような思い切った営業戦略でも話題になってます。


もちろん、こはる庵にもあります。
今回の光る絵本展は、「光る」というだけあって、特殊なフィルムに印刷された全41点の絵が、LEDのバックライトでぺかーっと照らされてます。
絵そのものが光り輝くという画期的な展示。


元の絵本の絵もまばゆい光を感じさせる美しい絵なので、光を通すとその良さが際立つように感じます。


暗い会場内で光り輝く絵の美しさは、写真ではうまく伝わらないので、ぜひ、実物を見てほしいところです。

なんといっても入場無料。
写真撮影OK。
著作権、何ソレ?美味しいの?
なんて太っ腹企画。

あっ、そういえば会場限定グッズの販売コーナーもあったような気がします。
気になる方は、そちらも、ぜひ。

にしのあきひろ絵本ギャラリー『えんとつ町のプぺル 光る絵本展』
場所:イオンモール広島祇園 専門店3Fイオンホール
広島県広島市安佐南区祇園3丁目2-1
期間: 2017/11/23 (木) – 2017/12/10 (日)
営業時間: 10:00~19:00

↓今日の絵本の読み聞かせ

悲しい本

魔女の本

お姫様の本

絵本の内容より家内の百面相が気になる娘。