3連休最終日の昨日、家内の実家の前の川で泳いできました。
題して
「ぼくの夏休み」

目の前を鮎がひらりひらりと泳ぐ清流です。
山は青々と茂り、空気がキレイでとても気持ちがいい!!
日差しが強くて立ってるだけでも汗が出るほどの、絶好の川遊び日和。
突撃~。

冷たっ!!
川の水って、常に流れてるから冷たいんです。


シュノーケル使って潜りっぱなしの娘。
今年も元気に河童やな。

のんびり遊んでたら、近所の子が橋から飛び込みを始めました。

おお~、飛んでる!!

慣れたもので、橋に上がっては飛び込み、上がっては飛び込み・・・。
それを、じーっと見る娘。
やってみたいなぁ。
怖いなぁ。
でもやってみたいなぁ。
なんて心の声がだだ漏れです。

ここはひとつ、大人が手本を示してやらねば!!
娘よ、お父さんの生きざまを見るがいい!!
で、上からのぞいてみると、あ~、怖っ!!
3メートルくらいだけど、これ、めっちゃ怖い!
みんな、よく飛べるなぁ。
高さもだけど、深さも微妙なんです。
体重の軽い子供にはちょうどいいけど、大人には少し浅すぎるんじゃないかなぁ。
スカイダイビングよりもめっちゃ勇気がいりますよ!!

意を決して・・とうっ!!

無事、飛び込めました!!
周りの子供たち、拍手喝采。
大人達、爆笑。

それを見ていた娘が自分もやってみたいと言い始めたので、一緒に橋の上に上がりました。
上がってみると、やっぱり怖い。
そりゃそうですよ。
大人だって怖いもん。(笑)

じゃあ、3・2・1で一緒に飛び込む?と聞いたら、それなら行くと言うので、やってみました。

まさかの私だけ。
おい、娘!!(笑)

動画を撮っていた家内が爆笑しすぎて間違えて停止しちゃったらしく、ブツ切りだったので、仕切り直し。

今度こそいっしょに、せーの!

やっぱり私だけ~!!

結局、娘は最後まで飛べませんでした。
でも、いいんです。
その葛藤や、できなかった悔しさが成長の糧となるんですから。
今年、きっと飛べるようになるんですから、今はそのドキドキ感を心ゆくまで堪能しとけばいいんです。
一旦飛べるようになったら、ここまでドキドキすることもできなくなりますからね。

↓今日の逡巡

大辞林 第三版の解説
しゅんじゅん【逡巡】
( 名 ) スル
決断をためらうこと。ぐずぐずすること。 「事ここに至ってまだ-している」

ガッツリ逡巡しちゃってください。(笑)

逡巡が人を大きくすると思ってます♪