今日は初めてお電話いただく方へお願いです。

数ある整骨院・整体の中からこはる庵を選んでいただき、大変ありがとうございます。
初めてのところへ電話をかけるのが苦手な方もいらっしゃるでしょうが、勇気を出してお電話いただいたことに感謝します。
このお電話があなたとのご縁の始まりです。
そんな気持ちを込めて、電話を受けています。

なので、できれば施術を受けられるご本人様からお電話をいただくよう、お願いいたします。
あ、未成年のお子様の場合は保護者からのお電話で大丈夫です。
その場合はご本人の状態がよくわかる方がお電話ください。

ご主人が施術を受けたいけど忙しいから奥様に「代わりに電話しといて」と頼まれてお電話をいただくこともあります。
こはる庵の営業時間って限られてますからね。
バリバリお仕事されてる時間とかぶってるんですよね。
忙しいからついかけ忘れる、でも行きたいから奥様に・・うんうん、分かります。
頼まれてお電話くださる優しい奥様ですね。
そこにあるのは愛ですね~♪

その逆で奥様が調子悪いけど我慢してるのを見かねたご主人が「予約できますか?」とお電話をかけてくださる、なんてこともよくあります。
心配かけまいと我慢しちゃう。
心配して電話かけちゃう。
もうね、愛ですね~♪

お子様のご予約でお母様が電話をかけてこられることもあります。
未成年だけでなく、成人している場合でも。
これも、愛ですね~♪

ご本人からのお電話でなくても愛があれば大歓迎です。

困るのは、ご本人が行きたいと思っていないのに周りの方が勝手にご予約をしてくださること。
「予約したから行かなきゃ!」
って無理やり連れてこられることです。

そうなるともうね、反抗心の塊。
「お前なんかに何が分かるんだ?!」
って言いたげな、不信感丸出し。
そりゃ、分かりませんよ。
そんな永久凍土みたいにガッチガチに心閉ざされたんじゃ、さすがに何も伝わりません。

すごくもったいないんですよね。
お金や時間だけではありませんよ。
普段、あなた、そんな人じゃないんでしょ?
だからこそ、あなたを大切に思う人が、なんとかしてあげたいと思って無理矢理でも連れてきてくれたんでしょ?
どうでもいいと思ってる相手にそんなことしませんもんね。
いろいろとお話をしているうちに変化を感じていただくと、永久凍土が溶けていく方も多いんですが、最初はお互いツライです。

なんとかしてあげたい、困っているから助けてあげたい。
特にお子様のご予約をお母様がお電話くださる時、もう心配で仕方ない様子が電話からでも伝わります。
申し訳ありませんが、ご本人が行きたいと思ってない、むしろ嫌がっている場合、こはる庵では施術をお断りする場合があります。
ご本人に治る準備ができていないからです。
「治すのはあなた自身」
私がいくら頑張ったって、治る準備ができてないと充分な効果が得られません。

心配するお気持ちはよくわかります。
でも、今は心配よりも治ると信頼してあげてください。
周りが心配してると
「いつまでも治らないね」
「病院に行く?」
「接骨院に行かないと治らないんじゃない?」
なんて言葉が出ちゃいます。
それじゃまったく治る気がしな~い。

焦らなくていいんです。

「大丈夫だよ」
「治るよ」
「あなたの身体は素晴らしいんだよ」
しっかりと信頼してあげてくださいね。

ご本人が「行ってみたい♪」と思った時、ご予約をいただければと思います。
その時まで、私はあなたを信頼して待っていますから。

 

↓今日の初めての方なのに
ブログをよく読んでいただく方が初めてご来院いただくと大抵
「初めて会った気がしません♪」
と言われます。
うちのブログ、わりとありのままなんです。