この度、こはる庵ホームページの「お問合せ」ページに設置していたメールフォームを廃止しました。
お問合せ、ご予約はお電話にてお願いいたします。

メールフォームがあれば24時間思いついた時に予約できて便利なのに・・・なんて言われそうですが、せっかく
「予約をしたい」
とメールをいただいても、
・何日の何時からがご希望なのか?
・こちらに空きはあるのか?
・今現在、どんな症状でお困りなのか?
などの確認に何度もメールのやり取りをしなくてはならず、返って不便。
ならばと
「〇月〇日の〇時から予約したい」
と具体的にメールをいただいても、こちらに空きがない場合、やはり折り返しのやり取りになって手間も時間もかかります。

そもそも、メールは伝えたいことの7パーセントしか伝わらないと言われています。
たった7パーセント!!
少なっ!!
そこに声色やトーン、話し方などの情報が加わると、38パーセント向上して45パーセント。
電話だと、伝えたいことのおよそ半分が伝わるってことですね。
実際に会って話す時には顔色、表情、視線、身振り手振りなどなど、たくさんの情報が加わって100パーセントになるそうですよ。

例えば、腰から太腿にかけてしびれるような鈍い痛みがあるという症状。
メールだと「足が痛い」
電話になるとちょっと困ってるような声で「足がジンジンとしびれるように痛くて痛くて・・・」
実際にお会いするとちょっと眉間にしわを寄せて腰から膝までをなでながら「足が『にがる』って分かりますか?」
こんなに変わってくるんです。
受け取る情報量が全然違いますよね。

こはる庵ではあなたとの関わりをとても大事にしています。
なので、施術中でなければ、大体のお電話は私がとっています。
お電話いただいた時の声の調子や話し方など、声からの情報を受け取っているんです。
実は、ここで軽く問診始まってるんですよ。
今、どんなことでお困りなのか。
どうしてこはる庵を知っていただいたのか。
ご予約から来院まで間がある時には「こんなことに気をつけていただきたい」っていうアドバイスや「今まで頑張ってきた身体を褒めてあげてほしい」ってこともお伝えできますし。
何と言っても私自身が文章書くより、喋る方が得意なんです。

私からあなたへの問診が始まってると同様に、あなたにも私のことを知っていただきたいと思っています。
どんな人が施術をするのか。
本気で診てもらえる相手なのか。
しっかりと見極めちゃってください。

長く付き合うつもりだからこそ、お互いにしっかりとした信頼関係を作っていきたいんです。

今の時代にメールフォームなし?って思われる方もいらっしゃるかもですが、今の時代だからこそメールやLINEなど軽いやり取りではなく、本気で向き合いたいんです。
初めての相手に電話をかけるのはとても勇気のいることですが、その一歩を踏み出して本気で向き合ってくれる方をお待ちしています。

↓今日の伝えたいこと??
伝えたくないこと、伝える必要のないことは心の中でつぶやくのがオトナ。
苦労して設置したメールフォームも文句ひとつ言わずにさくっと削除してくれました。

が。

img_5928
言わないだけで描いちゃうんですけどね。