先日、友人がドイツからの患者様を連れて来院しました。
ドイツが大好きで年に一度はドイツに行くという友人が「ドイツのお母さん」と呼んで大切にしている方です。
お世話になっているお礼に日本の観光をさせてあげたいと、かなりあちこち連れ回して歩いたらしく、お母さん、膝が痛くてもう歩けないとのこと。
このままじゃ観光も楽しめないし。
同行されたご主人もめっちゃ不機嫌。
早々に
「ビール飲みに行ってくる」
と、友人と出かけてしまいました。
さすがドイツ人。
ビール好き。
むしろ、ビールは水。
って、ええぇ~!!
まさかドイツの方と二人っきりでの施術~!!
なんという国際交流。
伝わるのか?!操体法!!

安心してください。
お母さんのアニータさん、4歳から20歳まで日本に住んでいらしたそうで、日本語ペラペラです。(笑)
全体のハリ、膝裏のコリ、股関節のかたさ、身体のひねりなど細かく検査をし、足首の操法をしたところ、痛みが引いたと明るい表情になりました。
浅かった呼吸もしっかり深くできるようになり、
「身体が軽くなった。これならまた観光できる」
と喜んでいただきました。

帰ってきたご主人にアニータさんが何やら話をすると、ご主人の表情もみるみる明るくなり
「タンゲシェン(Danke schön)」
と、喜びのハグをしていただきました。
あ、ご主人は日本語話せません。

IMG_3962

ただ、1回で効果は感じられても、持続するのが難しいんです。
今までの癖を矯正する感じになるので、何度か通院していただいて、「正しい状態」を身体に覚えてもらう必要があるんですね。

ドイツから何度も通っていただく訳にはいかないので、セルフケアとして深呼吸と歩き方をお伝えしました。
深呼吸をすることで肋骨に動きが付き、背中や腰、肩回りなど身体が緩みやすくなります。
血行もよくなり、上体が起きます。
知らず知らずのうちに緊張して強ばった身体をゆるめて、やわらかい動きができるようになります。

後日のお二人。
2人を案内している友人から写メが届きました。
IMG_3967
素直に深呼吸やってくださってます。
とってもかわいらしいご夫婦です。

一緒に深呼吸してるご主人からも
「ドイツ語ペラペラになって診てくれ」
と言っていただいたそうです。
こはる庵、世界進出か?!
その前にドイツ語勉強しなくちゃ・・・。

 

↓今日のドイツへの憧れ
ドイツと言えばー!でイメージするとこんな感じ。
私「ソーセージ!」
家内「ビール!」

IMG_3966

夢もビールもでかい方がいいとかなんとか・・。