宇部での操体法の講習会を終えてきました。
初めはめっちゃ緊張したけど、話し始めると楽しくなってきました。
参加いただいた方たちが楽しげに聴いてくれたのですごく話しやすかったんです。

↓こんな感じでスタートしました。

IMG_1569-1

↓片方の足首の調整で反対側の足や肩にも目に見える変化が出ました。

IMG_1581-1

↓気持ちよさの説明で猫のポーズを真似したら、皆さん早速トライされてました。あの・・そこは聞くだけでいいですよ~。

IMG_1597-1

めっちゃピュアな心で聴いていただいてます。

↓実技の様子。局所だけでなく全体を診てどう歪んでいるかを確認していただきます。

IMG_1589-1

時間配分やもっと実技をいれたかったとか、実技はもう少し丁寧にアドバイスしたかったとか、用意していた小ネタを半分も出せなかったとか、改善点は多々ありますが・・・。

「操体法って優しい手技なんだ」
「操体法習ってみようかな」
「今日聞いたことを家でもやってみます」
と、操体法や自分の身体に興味を持っていただいたり、
「あれだけで身体が変わるんですね」
「さっきちょっと体を動かしただけで正座ができるようになりました。サクラじゃないですよ?」
と、変化に素直に感動していただいたり、
「ちょっとダンナに優しい声をかけてみようと思います」
と、優しい気持ちになっていただけたり
いろんなことを感じていただけて、とても嬉しかったです。

特に、
「話がとても面白かった」
っていろんな方に言っていただいたのは、人前で話すことに苦手意識があった私にとっては意外だったし、自信になりました。

10月と11月にまた宇部に講師で行くことになっています。日程は未定ですので決まり次第お知らせします。
「そのときには友達を連れてきます」
と言ってもらえたのも感動しました。

広島でも講習会やろうかなと思うほど今回楽しかったです。
開催者のGOPPOええぞなクラブの会長である中野さんをはじめスタッフの方々、熱心に聞いてくださった参加者の皆様、本当にありがとうございました。
また、講習会という機会を私にふってくれた仙台の今先生、こうしたらいいよとたくさんのアドバイスをくださった操体仲間の先生方、送迎と娘の子守りをしてくださったお義父さんお義母さん、助手としてビデオや写真を撮ったりサポートしてくれた家内、いろんな人に支えられて本当に素晴らしい経験をさせていただきました。
大変ありがとうございました。

↓今日の助手

IMG_1595-2

見切れちゃってます。

※見切れる=テレビや演劇などの業界用語でスタッフなど本来画面に映ってはいけないものが映りこむこと。